釣りに関する情報が満載!

ルアーの分類方法と特徴

釣りでは狙っている魚やつり場のコンディションに合わせたルアーを使用する事でより効率良く釣りをする事が出来るようになっています。
ルアーにはトップ・フローティング・サスペンド・シンキングといった数多くの種類があり様々な特徴によって分類されています。
釣ろうとしている魚のいる水深に合わせる事が大切になる釣りでは水深1mから2mの表層、2mから4mの中層、4mから6mの低層に分けられています。
最適なルアーを選ぶ事で狙った水深で魚を待つ事が可能となっています。
比重や水深以外の分類としては音による分類があり内部にラトルといった音を出すための玉が入れられているどうかで分類されています。
また、見た目からの分類として色だけではなく見た目の形にも特徴があり金属で作られているシンプルなデザインのスプーンやブレードと呼ばれる金属板が回る事で魚の関心を集める事の出来るスピナー、小魚のようなデザインとなっているミノーがあります。
中には合成樹脂やラバーといった柔らかい素材から作られているミミズやザリガニの形をしているワームもありそれぞれに異なるメリットとデメリットがあり知識や経験から自分で最適と思う物選ぶといった事も釣りの醍醐味となっています。

初心者が選ぶべきルアーとは。

ルアーフィッシングにおいて疑似餌選びはその日の釣果に響くほど、釣りの良し悪しを左右します。
しかし、始めたばかりの人からすれば疑似餌などのルアーなんて種類がありすぎて何を選らばよいか分からず、迷ってしまう事は請け合いです。
そこで今回は初心者が知っておくべきルアーの知識をご紹介します。
種類は大きく分けて二つあり、水面に浮くタイプの「フローティングタイプ」のモノと、水面下に沈む「シンキングタイプ」があります。
季節や時間帯により活動場所が変わる魚の習性を利用して気温が高い日や熱い季節等は陰の多い場所や水面下に深く沈む為シンキングタイプのモノをつかったり、逆に肌寒い日などは日光の光に当たろうとするので比較的に水面の上辺までやってくることを狙ってフローティングタイプのモノで攻めるなどをすると良いでしょう。
また、疑似餌が持つ特性についても知っておくと良い事があります。
例えば音を鳴らす事で魚の興味惹き付ける様な作りになっていたり、水中で独特の動きをして魚の食欲を刺激するようになっているモノ、さらには匂いがついているものまであるので十分に考えて選ぶと良いでしょう。
こういったものは経験を重ねて何が必要か分かってくるものなので、一通りモノを揃えたりするのも良いかもしれません。


ページ先頭へ戻る▲